default

ママ友からの羨ましい報告

ママ友からの羨ましい報告

今日、ママ友からそんな報告を受けたよ。

これで今年に入って、2人目出来ました報告を受けるのは3人目。

 

娘がそろそろ2歳になるので、私も2人目を考えつつある。

なので、おめでたい報告で嬉しくてお祝いしたい気持ちはもちろんあるけど、

ちょっと焦りの気持ちもあるって言うのが本音。

しかも、その3人は娘と同じ月齢の子供がいるママさん。

しかも全員、1人目の子供とは違う性別の子がお腹にいる。

ちょっとそれが羨ましかったりする。

私は一人目は男の子が欲しかった。でも、女の子だった。

こればっかりは、しょうがないのは分かってる。

実際に、女の子であってけれども、すごく愛しい。とっても可愛くて、大切な子供だよ。

でも、もし2人目が男の子だったら良いなと思ってしまったりもする。

やっぱりどっちも育ててみたいって言うのもあるし。

だから、2人目が欲しいと思っても、安易に作ることが出来ない。

3人目なんて考えてないので、2人目が重要になってくる。

でも、そんなことを言っているけど、女の子が嫌だって言ってるわけでもない。

娘がとても可愛いので、もう一人女の子も欲しいと思ったりもする。

男の子もいいし、女の子もいい。ハッキリしないのです。

あとは神のみぞ知るということで、運命に任せてしまっても良い気がする。

男の子がほしい!でも、女の子も欲しい!そんな気持ちなのです。

2人目妊娠。とっても羨ましい!いいな~って思ってる。

1人目の妊娠報告には心からお祝い出来るんだけど、

2人目の妊娠報告にはちょっぴり羨ましい気持ちがあるんだよね。

でも娘とまだまだ2人で、1対1でいっぱい一緒にいたいので、落ち着くまでは2人目はまだいいかなって思ってる。

贅沢な悩みだよね。家族が一人増えるって、重大なことだしね。

よーく考えないとね。

旦那はほとんどいないから、私1人で2人育てるのも大変だし。

若いうちが良いかな。年の差がない方が、一気に子育てが終わっていいかな。

でも、子育てじっくりしたいな。

 

まだまだ2人目には悩みそうだー!

そして、まだまだ羨ましい日々が続きそうだー!

私も皆に2人目報告が出来るといいな。

廃車手続き

不幸自慢

不幸自慢は良いことか悪いことか。

パッと聞いたら悪いことですよね。でも僕は不幸自慢は人間の自分を保つ方法として、良いことだと思うんです。

不幸自慢する人って僕の周りに沢山いますし、僕も後から考えたら「自分も不幸自慢してたな」って思うこともあります。

自分の身に起こることって必ずしも良いことばかりではありません。むしろ悪いことばかりって人もいるでしょう。そういった悪いことを自分の中に留めることなく、相手に吐き出す、そうしてジブンの中に毒を貯めずにやっていくことができるのではないでしょうか?

「自虐ネタ」ってお笑いのジャンルがあるほどで、それで笑いを取る芸人もたくさんいますよね。

やっぱり人間みな根本的には「他人の不幸は蜜の味」です。人の失敗談ってお酒のツマミになるほど楽しいもんです。

でもうざったくなるのが、もう使い古された不幸自慢です。例えば寝てない自慢。「昨日は遊んでて三時間しか寝てないわ」とか聞いてて「だから?」としかなりませんよね。

聞いていておもしろい不幸自慢って、「そこでそんなことが!?」って思うようなことがあるからおもしろいもんです。

自分にどんなことが起きたって、それを話す相手がいて、なおかつ笑いにまでできるならば、不幸自慢だって全然したっていいですよね。不幸を笑い飛ばせるのならば、その人はなんだって乗り越えられるハートの持ち主だと思うし、自分もそうなりたいもんです。

どんな成功者にだって上手く行かないことだってあるんです。だから皆大丈夫なんです!

こんな感じの根拠のない自信という名の鎧を着て、不幸自慢という剣を持ち、厳しい世の中生きていこうじゃありませんか。

ママ友からの羨ましい報告