default

子供の英語教育について

子供の英語教育について

娘との今年度の過ごし方について悩んでいる。

今年3歳になる娘は、来春から3年保育で幼稚園に入園可能な年齢だ。

親によってはこの1年の間に入園希望の幼稚園について、

下調べもかねてプレクラスというものに登録したり、園の行事に参加することを考え始めている。

または来年も入園を見送り、家庭で母子または下の子との時間をゆっくり過ごす人もいる。

ママ友達に会うたびに、最近こういった話題が毎回出るようになった。

ある友達は、今月から子供を一時保育に入れて週2~3のバイトを始めた。

保育園の一時保育は、この年齢だと一日2千円で利用できるらしい。

また、ある友達は下の子がいるのでゆっくりかまってあげられないので、

何かサークルなどに加入すべきか悩んでいるが、運転できないので交通手段に困っているようだ。

私はというと、いまだ何も考えていない。

そろそろ考えていかなくてはと思っているのだが、

現在マイホーム購入への準備も進めているところで、そちらがスムーズに決まればこの地域は離れることになる。

だとしたら今幼稚園について進めるのは早いし、後々意味がなくなってしまう。

二人目についても考えているのだが、思うようにいかないのが現状だ。

そんな感じで今も気持ちがちゅうぶらりんで、

毎日限られた友達との関りしか与えてあげられていないことだけが気がかりである。

公園に行って新しい友達を見つけるというのも、この時期はグループが出来ていてなかなか入りにくいオーラがある。

そんな話を昔からの友達に話したところ、娘と同い年の息子くんについて同じ悩みを抱えていたようだ。

彼女は3年保育を考えているようだが、プレは考えていない。

なぜなら同じマンションの友達も通うだろうし、関わりの輪が結局同じになってしまいそうだからだそうだ。

そこで考え始めているのがヤマハの体験教室。

英語と音楽それぞれ行っているとCMで宣伝している。

なるほど。これなら月に何回か今までと違う友達と関わるきっかけになるし、刺激にもなるだろう。

ということで今日、私も体験の予約を入れてみた。

ところが希望していた音楽教室は予約がいっぱいで急きょ英語にした。

英語教育なんて全く考えてもいなかったので、娘が体験でどんな反応を示すか今から楽しみである。

おばあちゃんはぼけている

ぼくのおばあちゃんは認知症です。

3年前ぐらいからなのですが、今ではもう僕のこともあまりわからなくなりました。まぁ悲しいっちゃ悲しいのですが、ボケてしまったおばあちゃんも僕は可愛くって大好きなのです。

認知症というものは記憶がさかのぼってしまうのでしょうか?おばあちゃんの息子である僕の父には子供がいないものだと思っているのです。おそらく何十年か前にさかのぼってしまっているんですね。

いまでは、歩くのですら一苦労になってしまったおばあちゃんなのですが、歩くときはいつもおじいちゃんが支えてあげるのが決まりで、その様子をみるのも、心が暖かくなるようで、僕は好きです。

おばあちゃんの可愛いところは、おいしそうなご飯に子供のように、過剰なまでに反応するところです。顔をニッコリとさせながら、僕に「飯をよそって」といってきます。

そして僕も「いいよ」ってよそってあげるのですが、そのとき、おじいちゃんは僕がどれくらいよそうのかをしっかり見ています。

体を自由に動かせなくなったおばあちゃんはあまり食べ過ぎてはいけないからです。

そこそこにしてよそってあげても、おばあちゃんはぺろりと食べてしまいます。

そしてもう一度僕に「よそって」と言ったところで、おじいちゃんからのSTOPがかかります。

まだまだ食べたいおばあちゃんに、僕もよそってあげたいのですが、食べ過ぎで、おばあちゃんが夜中にしんどくなるのを看病するのも、おじいちゃんなので、そこは僕も心を鬼にします。

おばあちゃんは、認知症にかかってから逆に人生楽しくやっているような気がします。

僕もできるだけおばあちゃんとふれあって、思い出を沢山作りたいです。

子供の英語教育について